歯科でのクラウンの種類と特徴

歯科で虫歯治療などでクラウンを被せる場合、さまざまな種類があります。保険適用範囲内で歯科治療を安く済ませたいというなら、プラスチック樹脂や銀歯などの金属製のクラウンを使うことになるでしょう。ただ、プラスチック樹脂だと経年変色や壊れやすいというデメリットが、金属製クラウンは金属アレルギーを引き起こすというデメリットがあります。値段よりも見た目を重視したいなら、審美歯科の分野になります。さまざまな種類のセラミックが用いられることになります。セラミックの種類によってお値段も違ってきますし、白さにも違いがあるので見た目の自然さも違ってきます。強度も異なります。歯ぎしりの度合いや口の形状・金属アレルギーの有無など患者によって合う合わないも違ってくるので、医師に相談してみてください。真っ白な歯になれるクラウンが良いように思えますが、他の健康な歯も年月の経過により食べ物の色素が付いたり磨き残しなどによってある程度は黄ばんできているものです。1本の歯だけが真っ白でも違和感が出てくるものです。審美歯科では、クラウンを被せるほか、歯のホワイトニングなども行なっています。とことん白さにこだわるのであれば、普通の歯医者よりもおすすめです。

↑PAGE TOP

Menu